婚約指輪っている?いらない?

婚約指輪で差をつける

最近の若者の間では、婚約指輪って無駄という考えがある。

婚約指輪っている?いらない?

「スマ婚」という言葉が最近の若者の間ではブームらしい。

つまり結婚にかかる余計な出費を減らし、賢い結婚ならびに人生設計をしようということらしい。

例えば芸能人の結婚会見を見ていると、婚約指輪のダイヤの大きさで幸せ度をあらわすような報道になってしまっていると思う。

見栄の張りあいのようにダイヤのカラット数を張り合う芸能人に触発され、一般人もダイヤの大きさを競うような流れがたしかにこれまではあったと思う。

ところがそれが無意味だということに人々は気づき始めたのだ。

確かに婚約指輪はタンスの肥やしになっているだけという話をよく聞く。

特別な日でもつけることはないと話す友人も多い。

なきゃないで何も困らないのが宝石である。

バブルが弾けて、その無意味さに目が覚めた人が多かったのではないだろうか。

愛を深さを計るのは宝石のカラット数ではないのだ。

景気が悪く収入がどんどん減らされている昨今、宝石なんて買う余裕がないということもあると思うが、広告に躍らされてついつい見栄を張ってしまう行為をアホらしいと思うのは賢い選択だと思う。

愛の証に給料3か月分っていうのが常識のようになっていたが、それはバブル全盛期のジュエリーメーカの策略だったとのだと思う。

Google
www を検索 婚約指輪で差をつけるを検索
(C) tastydrop.com. All Rights Reserved.